2017_07
18
(Tue)12:14

7月18日発売! 『魔公爵様と甘い呪縛 ~ 健気な少女は一途な愛を注がれる』

魔侯爵


『魔公爵様と甘い呪縛 ~ 健気な少女は一途な愛を注がれる』 

 本日発売です(^^)

 ネット書店等では土曜日くらいから販売されていたようですが、公式発売日のお知らせです

 ネタバレになってはいけないので、あまり多くを語れないのですが、この作品のキーワードは「うさぎ」です
 なかなかラブくてメルヘンな一冊に仕上がりました~

 やや魔法ファンタジー寄りのお話なので、そちらが好きな方はぜひ、お手に取ってみてください

 椎名咲月先生の幻想的で美しい表紙が目印です

 よろしくお願いいたします~





スポンサーサイト
2017_07
08
(Sat)05:41

試し読みが公開されました(^^)

魔侯爵


 七月新刊こと、『魔公爵様と甘い呪縛』の試し読みが公開されました~

http://tiara.l-ecrin.jp/c/item/82960021068030000000.html


 ぜひ、ご覧になってみてください

 これからだ! ってところで試し読みが終了していますが、お気に召したら本編をご購入いただければと思います。

 お好みに合いますように~








 
2017_06
17
(Sat)20:16

『魔公爵様と甘い呪縛 健気な少女は一途な愛を注がれる』

魔侯爵


『魔公爵様と甘い呪縛 健気な少女は一途な愛を注がれる』

 2017年7月18日に発売が決定いたしました(^^)

 呪いでウサギにされてしまったヒロインの姉を、元の姿にもどしてもらうために、銀髪美形の魔公爵さまのもとに行く――

 といったストーリーです~

 ちなみに仮タイトルは『魔公爵とうさぎの君』でした

 はじめて書いたタイプのお話だったので、通常よりもかなり執筆に時間がかかってしまいました……

 また試し読み等、公開されましたら告知に参ります。 

 お気に召していただけますように~(^^)







 
2017_05
21
(Sun)13:02

「魔導王の征服愛」の新品在庫

 
 こんにちは、天条です。

 4月に「魔道士は眼鏡の奥に淫らな欲望を隠し持つ」が発売されて以来、関連作品である「魔導王の征服愛」を手にとってくださる方が多くいらっしゃって、うれしく思っています(^^)


魔導王の征服愛


「魔導王の征服愛」の新品在庫ですが、Amazonさまではずっと前から売り切れています。

 が、楽天ブックスさまと、セブンネットさまにはまだ新品在庫がありますので、「やっぱり新品の文庫が好きだわ~」っていう方は、ぜひ、そちらからご購入ください~(^^)

 楽天ブックスさまは送料無料、セブンネットさまは最寄りのセブンイレブンで受け取れば送料は無料です。


 楽天ブックスさま → http://books.rakuten.co.jp/rb/12645357/


 セブンネットさま → http://7net.omni7.jp/search/?keyword=%E9%AD%94%E5%B0%8E%E7%8E%8B%E3%81%AE%E5%BE%81%E6%9C%8D%E6%84%9B&searchKeywordFlg=1&siteCateCode=002000





2017_04
29
(Sat)00:21

祝! 『e-ティアラ文庫マシェリ』 創刊!

b6686_cover.jpg
b6713_cover.jpg

 
 スピンオフ電子中編、発売されました(^^)

http://tiara.l-ecrin.jp/c/etc/fp_0015.html

 ゴールデンウィークのお供に、ぜひどうぞ~


 魔導王電子中編のほうは、時系列で言いますと、シリーズ二番目の作品となります。
 流れとしては、

『魔導王の征服愛』→『番外編 褐色のケダモノ』→『魔道士は眼鏡の奥に淫らな欲望を隠し持つ』
 
 っていう感じです。

『褐色のケダモノ』は、『魔導王の征服愛』ラストに、ちょっとかぶってスタートしています

 ヒーローのゼザくんは肉食系というかオラオラ系です
 まさに彼は、中編だからチャレンジできるキャラクターだと思います



 一方、『ショコラのように蕩かされて』の番外編『マジメな伯爵に愛されたら朝から晩まで食べられました』は、本編の約半年後よりスタートいたします

 本編を読んでくださった方のほぼほとんどに「お兄ちゃんどうなったの!?」と聞かれた、あのシモンお兄ちゃんのその後です(笑)
 ティアラ文庫さまの公式ツイッターにて「童貞」と明言されてしまうこの感じ・・・まさにシモン兄ちゃんですね~

 こちらの彼は、びっくりするくらいの草食系です
 お兄ちゃんはお兄ちゃんで、中編でなければ書けないキャラクターだと思うのです

 
 両編とも、文庫では書くのが難しいであろうヒーローなので、ぜひとも、この機に(^^)
 対極なヒーローふたりを書けて、とても楽しかったです

 よろしくお願いいたします~






 
»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。